白壁荘だより 天城百話

タグ:筧の話 闇の絵巻 ( 1 ) タグの人気記事

梶井基次郎、湯ヶ島時代のもう一つの散歩道

f0182513_23205779.jpg


f0182513_23212014.jpg


梶井基次郎「筧の話」の「渓に懸かった吊橋を渡って入っていく山径」がこの道。
写真中央の流渓橋(ガードレールが欄干)の下に沢があり、梶井が不思議な感覚を
覚えた筧は、橋の右側にあったと言われています。
世古橋から続くこの道も川端康成が居た湯本館へ通った道。因みに
「闇の絵巻」の道は、猫越川を挟んで反対側。湯ヶ島温泉口へ出る手前に、
梶井の遺稿「籔熊亭(やぶくまてい)」の居酒屋があった場所や、温泉口近くには
「蒼穹」の構想を練った場所もあります。
[PR]
by shirakabes | 2015-11-22 23:21 | 散歩