白壁荘だより 天城百話

タグ:湯谷大権現 世古の滝 ( 1 ) タグの人気記事

湯谷権現

湯ヶ島温泉のバス停近くに湯谷権現の碑があります。
f0182513_23114617.jpg

釜石山湯谷大権現の由来

この山の頂上におはす湯谷大権現は徳川時代の昔
から この地に湧く温泉の守護神として信仰されて
いた 当時の人は頂上を少し下った所にある釜の形
をした大岩が地下水を熱して谷川に温泉として湧出
させるものであると信じていた 釜石山の名称もそこから
でたものである 明治三十六年一月、一郷という絵
師に依頼して大権現の掛軸を作り 世古の滝権現講
を結成して隔月に講中の家を廻り 神酒を供して
天与の温泉の恵みに感謝しその不変を祈願ししてきた
が 人の世の移り変わりと動力による温泉の利用のた
めか 何時しか 温泉の守護神への信仰の念が薄れ
てきた それを憂いた地元有志相集い 昭和六十
三年三月 御影石に大権現のお姿を刻し 祠を建て
新しい湯谷大権現が再現した 湯ヶ島へ住む人々
湯ヶ島の温泉に浴す人々 願わくば温泉の守護神へ
心からの感謝の念を捧げられんことを

 因に明治三十六年当時の権現講中は左の人達であった
安藤藤吉、安藤利左衛門、杉山亀蔵、安藤富蔵、小森庄太郎
浅田照吉、杉山忠助、足立清七、浅田いく、前原春吉、中山市作
清水金太郎、大竹虎吉
        
          昭和六十三年六月 安藤公夫書
[PR]
by shirakabes | 2011-12-03 23:11 | 伊豆の名所旧跡