白壁荘だより 天城百話

タグ:天城 旅館 ( 5 ) タグの人気記事

秋は天城でサイクリング

{"tag":"
f0182513_17513706.jpg
","htmlTag":"","params":{"url":"http://pds.exblog.jp/pds/1/201710/05/13/f0182513_17513706.jpg","width":800,"height":533,"align":"mid"}}秋は天城でサイクリング サイクリングにはいまが一番いい季節。秋の天城路を自転車で駆け抜けて見てはいかがですか。伊豆市観光協会天城支部ではレンタサイクル、 自転車の貸し出しを行っています。 自転車はイタリア、ビアンキ社のマウンテンバイク3台と クロスバイク2台の5台。今年から新たにガイド付きプランや ガイドと昼食が付いたスペシャルプランも加わりました。こちらも好評です。 夕鶴記念館内にある観光協会のカウンタ-にて受付をしております。サイクリングにはいまが一番いい季節。秋の天城路を自転車で駆け抜けて見てはいかがですか。 料金はスタンダードプランで、午前9時から午後5時まで乗り放題で1日1500円+保証金500円=2000円。 火曜日定休 受付時間は午前9時から午後2時までの間です。 中学生以上の方が対象で利用の際には、 運転免許証などの身分証明書が必要となります。
[PR]
by shirakabes | 2017-10-02 21:17 | 自転車 | Comments(0)

牧水が詠んだ湯ヶ島の山桜

f0182513_23521376.jpg

うらうらと照れる光にけぶりあひて咲きしづもれる山ざくら花


大正11年、牧水は湯ヶ島で山桜の歌を詠んでいます。
その山桜が咲き始めました。


[PR]
by shirakabes | 2017-04-13 23:53 |

天城紅葉情報 修善寺もみじ林

今日の修善寺もみじ林
f0182513_18334392.jpg

修善寺の温泉場に用事があったので、ついでにもみじ林を見てきました。修善寺のもみじは、伊豆の中でも有名な場所で、毎年多くの観光客で賑わいます。11月15日からもみじ祭りが始まりましたが、紅葉はまだまだこれから。いつものきれいなもみじが見られるのは、月末位からになりそうです。遅れた分12月の10日頃まで楽しめると思います。天城の紅葉は、ただいま昭和の森の庭園がピークを迎えています。グリーンガーデンの展望台からの眺めも、お勧めです。
水生地下周辺のもみじもの葉も、赤が鮮やかになってきました。

修善寺紅葉ポイント

天城路もみじ祭り

民話と民芸の宿 白壁荘


にほんブログ村 旅館
にほんブログ村 静岡情報
[PR]
by shirakabes | 2008-11-20 18:36 | 旅館のご案内

天城の紅葉情報  天城路もみじ祭り

[もみじ] ブログ村キーワード
天城峠で踊子がお待ちしています。
f0182513_17343330.jpg

天城峠、水生地周辺の木々が、少しずつ色づいてきました。今年も恒例のもみじ祭りが、11月10日から行われます。昭和の森周辺、河津七滝、修善寺自然公園などのもみじもおすすめです。どうぞこの時期、秋の天城をお楽しみください。

天城峠、昭和の森周辺           11月15日頃から
湯ヶ島温泉周辺、修善寺自然公園     11月20日頃から
修善寺温泉                   11月25日頃からがおすすめです。

f0182513_1747615.jpg
                            提灯ウオーク
f0182513_1747266.jpg
                           滑沢渓谷
f0182513_1748755.jpg
                            修善寺自然公園ライトアップ


天城路もみじ祭りのご案内

八丁池ハイキング

民話と民芸の宿 白壁荘

にほんブログ村 旅館
[PR]
by shirakabes | 2008-11-08 17:32 | 旅館のご案内

ゆみちの飲泉所  温泉を飲む!

こもれびの湯
f0182513_15544123.jpg

九州の長湯や信州の鹿教湯などは、飲泉が出来る温泉地としてよく知られています。
湯ヶ島にも、昔から温泉を飲む文化がありました。こもれびの湯は、ゆみちの遊歩道ぞい
私共から歩いて1分の所にあります。ゆみちのお散歩と飲泉でリフレッシュしてください。

これは、湯ヶ島(西平)に伝わる「あんばらやみの馬」と言う温泉の民話です。
おじいさんは毎日仕事がすむと、急にあんばらやみ(胃痙攣)のくせもちになったその馬を、
河原湯でゆあみさせ、腹をこすってやったり、温泉を飲ませたり、湯の花をたべさせたりして、
1年たちました。すると馬がクシャミをして、口から鬼の子がとびだしました。
それから馬は元気になって、おじいさんといっしょにせっせと仕事にはげみました。

「あんばらやみ」とは、湯ヶ島の方言で「あばらをやむ」ことです。
温泉を中心に健康増進のプログラムを集めたお祭り、TO-JI博が始まりました。 (HARU)

民話と民芸の宿 白壁荘


にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
[PR]
by shirakabes | 2008-09-30 15:49 | 旅館のご案内