白壁荘だより 天城百話

カテゴリ:ハイキング 散策( 55 )

藤ヶ沢歩道でなまこ岩までミニハイク

f0182513_23122606.jpg


藤ヶ沢は水生地の本谷川に架かる白橋を渡り、ななめ左に入った
氷室園地の奥にあります。なまこ岩まで沢づたいに歩道が整備され
歩いて15分ほど。訪れる人もほとんどなく静かで、ブナや桂、欅、
クマシデ、サワグルミなどの木々が鬱蒼と茂り豊かな森とそこを
流れる清水が迎えてくれます。
天城の山の中でも独特な雰囲気をもった場所です。
[PR]
by shirakabes | 2017-07-08 23:13 | ハイキング 散策

気軽にトレッキング 後藤山

f0182513_22401733.jpg

猫越山系の一つ後藤山、写真中央に見える山は、仁科峠から
1キロ(標高差約100m)と近く、標高(994m)が高いわりに
楽に登れます。車なら私共から登山口の仁科峠まで30分少々。
仁科峠から後藤山まで、伊豆山稜線歩道を登り35分から40分です。
アセビやリョウブ、イヌツゲなどの灌木に覆われ、頂上付近では
ブナも見られます。乗用車でお越しの方におすすめ。
歩道は滑りやすい所もありますので、
トレッキングシューズでお出掛け下さい。
[PR]
by shirakabes | 2017-06-28 22:40 | ハイキング 散策

ようやく見つけた非日常への入り口 天城でグリーンリラックス

f0182513_23493350.jpg

写真は藤が沢


新緑の色増す季節、森の中へ入ったり山を眺めたりするのは、
爽やかで実に気持ちのいいものです。自然豊かな天城の森で
新緑に包まれて心身ともにリフレッシュしてください。
天城は癒しのポイントがいっぱいあります。
昭和の森から滑沢渓谷や、水生地下から天城山隧道を潜り
二階滝までが人気のコース。 新緑の天城へどうぞお越し下さい。

[PR]
by shirakabes | 2017-05-05 23:50 | ハイキング 散策

新緑の天城を歩く

f0182513_22590645.jpg
写真はトリカブトが茂る歩道

もうすぐゴールデンウイーク。これからは天気も安定して
1年中で一番良い時期を迎えます。新緑がきれいな時期に
天城を歩いてみてはいかがですか。魅力的なトレッキング
ルートがいっぱいあります。昭和の森から滑沢渓谷や、
水生地下から天城山隧道を潜り二階滝までが人気のコース。 
新緑の天城へどうぞお越し下さい。



[PR]
by shirakabes | 2017-04-26 22:59 | ハイキング 散策

秋の天城を歩く

f0182513_185876.jpg


もうすぐお彼岸。これからは天気も安定して
一年で一番いい時期を迎えます。
偶にはお弁当を持って、踊子歩道でも
歩いてみてはいかがですか。
昭和の森から滑沢渓谷や、水生地下から
天城山隧道を潜り二階滝までが人気のコース。 
人も車も少なく自然を楽しみながら
ゆっくりと歩くことが出来ます。

お待ちいたしております。
[PR]
by shirakabes | 2016-09-12 18:05 | ハイキング 散策

気軽にトレッキング 後藤山

f0182513_2172610.jpg


猫越山系の一つ後藤山は、西天城高原、仁科峠から
1キロ(標高差約100m)と近く、標高(994m)が高いわりに
楽に登れます。車なら私共から登山口の仁科峠まで30分少々。
仁科峠から後藤山まで、伊豆山稜線歩道を登り35分から40分です。
アセビやリョウブ、イヌツゲなどの灌木に覆われ、頂上付近では
ブナも見られます。乗用車でお越しの方におすすめ。
歩道は滑りやすい所もありますので、
トレッキングシューズでお出掛け下さい。
[PR]
by shirakabes | 2016-08-26 21:07 | ハイキング 散策

この夏、藤ヶ沢歩道でなまこ岩までミニハイク

f0182513_20321180.jpg

      下草は全部トリカブト

藤ヶ沢は、水生地の本谷川に架かる白橋を渡り、ななめ左に入った
氷室園地の奥にあります。なまこ岩まで沢づたいに歩道が整備され
歩いて15分ほど。訪れる人もほとんどなく静かで、ブナや桂、欅、
クマシデ、サワグルミなどの木々が鬱蒼と茂り豊かな森とそこを
流れる清水が迎えてくれます。
天城の山の中でも独特な雰囲気をもった場所です。

f0182513_20322675.jpg

     涼し気なサワグルミの葉
[PR]
by shirakabes | 2016-08-16 20:32 | ハイキング 散策

5月の連休は八丁池へ

f0182513_013812.jpg


f0182513_02518.jpg


八丁池は、天城主稜線の池の西と青スズ台の間の標高1175mのところにある池で、火山活動の歪で出来たと言われています。周囲が八丁(860m)あることからこの名が付きました。出て行く川も、入ってくる川もなく、周りの山に降った雨水で水位が保たれています。ブナ林に囲まれ環境が素晴らしく、環境省の特別保護地域に指定されています。モリアオガエルの生息地としても知られている。

4月から土曜、日曜日に八丁池口(標高990m 池まで3キロ手前)まで、東海バスが乗り入れ、女性の方でも比較的楽に八丁池へ行くことが出来ます。5月の連休中は4月29日から5月5日、7日から8日はバスが運行され、ハイキングが楽しめます。東海バスの天城路フリーパスを使うと便利でお徳です。どうぞこの時期出掛けてみてはいかがですか。
天城山縦走(八丁池から万三郎方面へ)の方にもおすすめです。
[PR]
by shirakabes | 2016-05-01 00:02 | ハイキング 散策

東伊豆から見た天城山

f0182513_0102456.jpg


東伊豆、白田から見た天城山の核心部分です。
左から万三郎、馬の背、万次郎。ここから見る
万次郎は、迫力があり、最高峰の万三郎より
高く見えます。
同じ山でも中伊豆側から見るのとでは、
形が違っていて面白いですね。
[PR]
by shirakabes | 2016-02-12 00:11 | ハイキング 散策

河津桜まつり会場近くから猿山を眺める

f0182513_23103524.jpg

     来宮口から
f0182513_23114655.jpg

     河津 ループ橋から
f0182513_23122049.jpg

     小僧山から

お正月明けに、滑沢の土場から峠に上がり小僧山まで行ってきました。本当は、猿山まで行きたかったのですが、時間が足りず断念、途中で引き返してきました。因みに滑沢から小僧山までちょうど2時間、あと1時間あれば猿山まで行けたかもしれません。今年は申年で、猿山へ登る計画を立てている人がいると思います。天城山稜線から外れ、道らしい道もなく、またアプローチが悪いので登る人が少ない山になってしまっています。尾根伝いに付いているリボンを頼りに行けば登れますが、ホームページで検索すると、途中で迷った人が複数いました。もし行くならハンディのGPSを持って、出来れば詳しい人と一緒に登ったほうが安全ですね。
猿山は湯ヶ島側からは見えません。河津桜の会場近く、来宮口バス停からだと
猿山と小僧山が並んで見えます。
[PR]
by shirakabes | 2016-01-29 23:13 | ハイキング 散策