白壁荘だより 天城百話

里の便り

靄の中のもみじ
f0182513_22595296.jpg

旅館の庭から見た雨上がりの朝の風景です。靄の形が面白かったので写真に納めてみました。この写真では白いベールに包まれて、木々の色合いが分かりませんが、雨に洗われ赤や黄の色合いがとても鮮やかです。湯ヶ島の紅葉もやっと見頃になりました。温泉場では、ホテルアルカナの入り口や、緒明さんの別荘、あせび野周辺、瀬古峡などがもみじの名所です。にぎやかなもみじ祭りのもみじもいいけれど、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりもみじを楽しむのもいいですね。「ゆみち」の遊歩道もおすすめです。

昭和10年の頃、与謝野晶子が瀬古峡でもみじの歌を詠んでいます。

 吊橋を二つ渡ればこと移り瀬古のいで湯の黄のもみち‘散る    ー草と月光より


与謝野晶子
民話と民芸の宿 白壁荘

にほんブログ村 旅館

にほんブログ村 静岡情報

にほんブログ村 散歩・ウォーキング
[PR]
by shirakabes | 2008-11-28 23:18 | 自然