白壁荘だより 天城百話

祝、韮山反射炉世界遺産登録

f0182513_920329.jpg


7月5日、ボンで開催されているユネスコの世界遺産委員会で、伊豆の国市の「韮山反射炉」
(明治日本の産業革命遺産)がユネスコの世界文化遺産に登録されました。韮山の反射炉は、
江戸時代に韮山代官江川太郎左衛門英龍が江戸湾防衛の為、お台場に大砲を設置する目的で
天保六年(1835)に作った鉄を溶かす反射型の溶鉱炉。この時期に実用化された炉としては、
唯一現存する貴重な物です。炉体の外側は、伊豆石が使われ、中心部分は、河津の土で焼かれた
耐火煉瓦で出来ています。韮山反射炉が世界文化遺産に登録されたことは、伊豆全体の誇り
であり、また喜びでもあります。

反射炉がある伊豆の国市韮山は、反射炉を作った代官江川太郎左衛門の屋敷(江川邸)や中世、
鎌倉時代の史跡も多く見ることが出来る地域。世界遺産韮山反射炉と共に歴史の街を
お楽しみください。

f0182513_9192096.gif

[PR]
by shirakabes | 2015-07-07 09:19 | 伊豆の名所旧跡