白壁荘だより 天城百話

伊豆文学まつり

f0182513_2357475.jpg


「伊豆文学まつり」は、1月26日の「あすなろ忌」から3月2日の伊豆文学フェスティバルの開会式まで。湯ケ島を中心に開催されます。。

 伊豆文学まつりは、伊豆市をはじめ、市内文化団体、地元住民などが一体となって開催。伊豆文学フェスティバルの関連イベントで、昨年に続き2回目。
■朗読、ミュージカルなど多彩
 地域自主事業として、伊豆演劇と朗読の会は、旧湯ケ島小教室を会場に2月1、2、8、9日(午後1時〜2時半)に「しろばんば」の輪読と、これまでに同会が上演した「夕鶴」と「修禅寺物語」のDVD観賞会に続き、15、16日(午後1時半〜3時半)に朗読会を開く。

 語りの会「かたりいず」も朗読会を22、23日(午後1時半〜3時半)に湯ケ島小で開く。22日はプログラムのない語りマラソン、23日は紙芝居の展示とリクエスト形式の紙芝居マラソン。

 地元有志でつくる「しろばんば劇団」は3月1日(午後1時〜1時半)、旧井上邸跡地で井上靖作品を上演する。

 地元の中・高校生グループは3月2日(午後0時半〜1時)、ミュージカルしろばんばを天城会館劇場ホールで上演する。

 天城地区の旅館や商店など8軒(湯本館、落合楼村上、白壁荘、船原館、東府や、たつた、天城屋商店、桜屋書店)は2月1日〜3月2日、それぞれゆかりの文人の品々を特別展示する。

 天城会館では井上靖作品読書感想文コンクール、短歌コンテスト、伊豆市を彩る写真コンテストの入賞作品を展示。天城屋商店(期間中の土・日)や宿区公民館(3月2日)では、地域の昔話や湯茶のサービスなど住民有志によるおもてなしが行われる。



 ■文豪ゆかりの3コース案内 文学散歩の参加者募集


 伊豆市などは、「伊豆文学まつり」の一イベントして開く「伊豆文学散歩」3企画の参加者を募集している。

 内容は次の通り。

 湯ケ島・洪作少年が歩いた道コース+語りマラソン 井上靖ゆかりの場所を地元の老舗旅館の主人が案内する。2月5、6、7日。定員20人。参加費200円(ガイド料)。予約、申し込みは天城旅館組合〈電0558(85)1055〉

 土肥コース+朗読会 土肥ゆかりの若山牧水の魅力を知る文学散歩で、終了後は湯ケ島の朗読会に参加する。2月15日。定員30人。参加費2千円(ガイド料、文学弁当付き)。予約、問い合わせは市観光交流課〈電0558(72)9911〉

 湯ケ島・天城越えコース 浄蓮の滝から井上靖、川端康成、島崎藤村、与謝野晶子などの歌碑・文学碑を巡る。2月22日。定員20人。参加費200円(ガイド料、文学弁当付き)。予約、問い合わせは市観光交流課

にほんブログ村 旅館

にほんブログ村 静岡県情報



白壁荘

http://www.shirakabeso.jp/


白壁荘プラン
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/shirakabeso
[PR]
by shirakabes | 2014-01-25 23:59 | 文学