白壁荘だより 天城百話

さくら地蔵の桜

f0182513_22275741.jpg
f0182513_22281386.jpg


湯ヶ島の宿(しゅく)、東原に桜の木に守られるように、
一基の地蔵尊が、祀られています。
 これは、今から462年ほど前、天文20年、上野の国、
平井城主、上杉憲政の子、龍若丸が、北条氏康の兵に追われ、
修善寺よりこの地まで東原の奥まで逃げのびてきたが、
敵兵の近ずくのを知り、もはや逃れることは出来ないと観念して、
この地で自刃して果てました。
 村人は、その死を哀れみ、ここ東原に地蔵さんを安置して、
そのそばに一本の桜を植えました。
 桜は、毎年春になると、龍若丸の霊を供養するように、
いっぱいの花を咲かせます。
その桜がちょうど満開となりました。

にほんブログ村 旅館

にほんブログ村 静岡県情報

にほんブログ村 散歩・ウォーキング

白壁荘

http://www.shirakabeso.jp/


白壁荘プランhttp://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/shirakabeso
[PR]
by shirakabes | 2013-03-12 22:28 |