白壁荘だより 天城百話

旭滝

ほっと出来る場所
f0182513_11562198.jpg

修善寺大平にある滝で、全長105メートル、六段に折落しており、
東に向いて朝日が当たる姿が美しいことから、この名がついたと言われています。
ここは以前、瀧源寺(虚無僧寺)があり、尺八の名曲「滝落ちの曲」は
ここから生まれました。
国道から200メートル程しか離れていないのに、深山にある滝の
ように静まり返り、安らげます。天城の行き帰りに寄ってみてください。
内田康夫の推理小説「喪われた道」にも登場します。
天城北道路IC出口より、約200メートル南にある大平公民館を
右折、大平神社の奥にあります。


民話と民芸の宿 白壁荘
にほんブログ村 旅館

にほんブログ村 静岡情報

にほんブログ村 散歩・ウォーキング
[PR]
by shirakabes | 2009-09-22 11:56 | 伊豆の名所旧跡