白壁荘だより 天城百話

冬枯れから新緑へ 昨日の八丁池


f0182513_11104963.jpg

     見晴台(展望台)から見た八丁池
昨日の八丁池は、この時期にしては珍しく雪が舞う天気で、
お昼の気温も4度と低く冬に逆戻りです。湖畔にいたハイカー
も震えていました。ただそんな中でも馬酔木の花が春の訪れを
伝えています。茶色一色だった八丁池周辺の山肌も、芽ぶきの緑と
豆桜の薄いピンクが点々と混ざり山の色が変わってきています。
今、コルリ歩道入口(標高1000m)から見晴台(標高1200m)
にかけて豆桜が見頃を迎えきれいです。連休後半には、芽ぶきから
若芽に、淡い緑に囲まれた八丁池が迎えてくれると思います。

f0182513_1112345.jpg

      見晴台から見た青スズ台の北斜面
f0182513_11122622.jpg

      コルリ歩道入口
f0182513_11124736.jpg

      天城では豆桜、米桜と呼び、富士では富士桜、箱根では、箱根桜と呼ぶ

八丁池は、天城の瞳と呼ばれハイカーに人気の場所。
天城主稜線の池の西と青スズ台の間の標高1175mの
ところにあるカルデラ湖で、周囲が八丁(860m)あることから
この名が付きました。出て行く川も、入ってくる川もなく、周りの山に
降った雨水で水位が保たれています。八丁池周辺は環境省が定める
特別保護地区で、ブナと姫沙羅、馬酔木を中心とする貴重な天然林が広がって
います。スズタケに覆われているので青スズノ池とも呼ばれ、モリアオガエルの生息地
としても知られています。



八丁池口行き専用バスのご案内
3月から11月末まで、土曜、日曜、祝日には八丁池口(標高990m)まで、
東海バスが入っています。ここから池までは約3キロほど、女性の方でも
楽に八丁池へ行くことが出来ます。5月の連休は5/2~5/6が毎日運行。
新緑の八丁池へ出掛けてみてはいかがですか。
東海バスの天城路フリーパスを使うと便利でお徳です。

民話と民芸の宿 白壁荘


にほんブログ村 旅館

にほんブログ村 静岡情報

にほんブログ村 散歩・ウォーキング
[PR]
by shirakabes | 2009-04-29 11:12 | 自然